教室系ビジネスで無理せず年収1000万円稼ぐ方法とは

なぜ教室の先生は、大失敗したのか?

駅前のケーキ教室に
中学生が入学しました。

なぜその中学生が入学したかを調べたところ、

親が子どもの引きこもり問題を
解決したかったからとわかりました。

親の最大の目的は、子どもに
社会復帰のための
公共バス
乗車訓練を
させたいということでした

おいしいケーキをつくる、
子どもに楽しい体験をさせるという
目的ではありませんでした。

ケーキ教室の先生方は
会費支払い者(親)の気持ちや
目的に気が付いていませんでした。

喜ばせる顧客は一人ではありません。
細心の関心を持って「会費支払い者」の
期待を把握する必要があります。 

会費支払い者の期待を損ねた場合、
離脱・解約率が高まります。

教室ビジネスは
集客も顧客維持も難しいと言われます。

教室系ビジネスの経営には、たった1つのコツがあります。

その答えはこちら