3-4 個人事業主用、なんと15万円の顧客獲得ページを無料で作る方法

こんにちは。木下賢一です。

ネット集客でお客様情報を獲得するランディングページと呼ばれるページの作り方を公開します。言葉をやさしくするために顧客獲得ページと呼ぶことにします。

顧客獲得ページとは何か?

顧客獲得ページは特定商品やサービスを販売するために1枚で構成されたWebページです。

作成の目的は顧客情報の獲得です。

顧客獲得ページの3つのメリット

メリット①
特定商品やサービスに特化しているページであるため、魅力を大きくアピールすることができる

メリット②
基本的に資料請求や申込み以外のリンクボタンが存在しないため、離脱率を防ぎやすい

メリット③
HP作成よりも顧客獲得ページのみの作成でコストを削減できる

顧客獲得ページを外注した場合の費用

顧客獲得ページの作成を専門業者に依頼した場合、予算は10~50万円を要します。平均15万円ほどです。

平均15万円でホームページを作ってくれるのではなく、顧客獲得ページを1ページだけ作ってくれます。それほど価値の高いページなのです。

顧客獲得ページは商品やサービスごとに作ります。そのため大きな予算を持たない個人事業主にとって、そのすべてを外注することは非現実的です。

お金をかけることができない場合は手間をかけるか自分で行うしかありません。早速作り方を一緒に勉強しましょう。

効果の出る顧客獲得ページの作り方と基本構成

ここで用いるのがセールスレター作成の技術です。セールスレターは顧客獲得ページで真価を発揮します。パターンが決まっていますので型通りに書けばOK。

①メイン画像(ヘッダー画像)

つかみのキャッチコピーを使います。ここで外してしまうと終わりです。理想は一度見始めると抜け出せないように、つまり最後まで思わず読んでしまうような構成にすることです。

②共感

お客様には「これは私のことを言っている」とわかってもらう必要があります。「このようなことでお悩みではありませんか?」といういたわりから入っていきます。

③解決策提示

その問題に対し、自社製品やサービスが解決できることをお知らせします。悩みを抱えているお客様の問題を自社製品やサービスが改善できることを示すのです。

④購入する利益

その商品を購入する利益をお知らせします。

応用型としては購入しないデメリットをお知らせすることもあります。

理想は提供サービスのニーズ(必要性)とウォンツ(熱望性)を分析し、それぞれを引き上げるにはどうすればいいかを顧客獲得ページ作成前に考えておきたいところ

⑤実績等

お客様はその商品やサービスを購入する事に対する不安を感じています。この事業所は大丈夫なのだろうかと。そこで信用・安心していただくために実績等を公開します。

実績や事例、権威やお客様の声をここで紹介します。

⑥お申込み

最終アクションです。注文しようという気になったお客様をスムーズに購入していただく心配りが必要です。

一度買う気になっても、この申込みの段階で「面倒・わからない」となると「もういいや」となりますので気を付けましょう。

まとめ

①顧客獲得ページを作成するには、あなたの事業所の強みや提供商品選びが重要
②個人事業主はWeb集客に大きく投資できないため、自分で作る必要がある
③顧客獲得ページの作成には正しい手順がある