2-5 個人事業のネット集客ステップ4:集客のじょうご設計

こんにちは。木下賢一です。

個人事業のネット集客ステップ4
集客のじょうご設定 についてお知らせします。

集客のじょうご設定とは何か?

ネット集客とは「じょうご」をもとにした集客の仕組みにほかなりません

たとえば、すぐに売りたいのならば、既に商品知識があって購入を検討している方(いますぐ客)のために購入用のページを作り、その方を狙い撃ちする広告を打つと売れるということがわかります。

広告宣伝にお金をかけたくない個人事業主であれば、比較的数が多い見込み客(まだまだ客)を確保して、段階的アプローチをとることにより購入に導く方法が有効だとわかります。「認知・検討・決定」というお客様の行動を売り手側から見ると「発見・育成・クロージング・セールス」となります。どの段階にいる方にどんな方法でアプローチするのかを考えるのです。

例えば、SNSやを使ってまだまだ客を集め、無料で情報提供することで顧客情報を得る。その方にさらに詳しい情報をラインでお伝えし、個別相談でクロージングするという方法もありです。あるいはあなたのサービスをすでに知っている方に対して、セールスレター1枚でほしくさせる事も可能です。ネット集客の方法は無限にあります。

つまりネット集客とはただのパズルなのです

じょうごを検討しながら、どのタイミングでどのような(状態にある)お客様にどんなツールを使うのかを当てはめて考える。HPやSNSなどはパーツにすぎません。パズルのピースと言ったほうがわかりやすいでしょうか?

まとめ

①ネット集客はじょうごで考える
②ネット集客は当てはめのパズル
③ネット集客はとても面白い